仏検準1級を落ちて、こうすればよかったと思うこと。

昨年11月に準1級に、落第したときに、こうしておけばよかったなと思うことを綴ります。

 

2つあったかと思います。

 

ひとつは

 

“中途半端な一時対策しかしていなかった”

 

もうひとつは

 

“試験対策しかしていなかった"

 

の2点です。

 

最初"中途半端な一時対策しかしていない”

について述べるならば、

 

第一問の、名詞問題対策、第二門の熟語対策、最後の仏作文対策などできてないものが多かったと感じます。

 

学生ではなく時間も限られるので、やりやすいことはフランス語文献の読書、仏文法、単語くらいかと思います。やれるところからやりましたが、結果的に偏ってしまったかなと。

 

もっと掘り下げて上記はもっと対策をすればよかった。特に問1は2点問題なので‥ここで2,3問あたるかは結構重要かと‥よくアマゾンとかみるとこのあたりに合う参考書は出てるんですよね。リサーチ不足。

 

仏作文を対策するならば、お金使って講師使う必要がありますね。

 

第二の
“試験対策しかしていない“

について述べるならば、

本当に試験勉強しかしてなかった。

 

確かに仏文学を原書で読んだりはしてました。けれども、日常のフランス語圏の情報を仕入れていたかというと皆無でした。そのため、本番の新聞的な文章で、内容把握の問題に対して、対応が後手に回ったかなと思ってます。語学は日常使うものですから。。

 

だから2018年の11月以降は、le monde ,figaroの購読を初めて、日常的なフランス語の情報を仕入れるように努めました。これは試験勉強に関係なく、好奇心を刺激される文章も多く、語句や文化について、学ぶことができやかったと思います。今もこの勉強は続けていて、日経新聞などと併読しながら、情報収集のためにフランス語を使うように努めています。

 

結構、フランス語の新聞って日本のテーマで、書いてることも多くて、日本語で入手した知識と対照させながら、情報を深堀できて良いと思います。今の時期ですと、ゴーンさん逮捕や、改元なども記事で書かれています。ラジオも絡めると、更に知識は重層化されます。 

 

仏文学にはこのタイミングでは興味がそこまで上がらなかったけど、新聞は面白く、個人的に合ってました。

 

フランス語学習が目的化してるとすごくつまらなくなるときがありますけど、フランス語で興味がある情報を取得すると、フランス語習得の先の目的に足を伸ばせるので、フランス語学習の意味が積み増させる感じがします。結局、準一級の途中からの3、4問の文章問題の得点がブレるのも、この経験の有無にも一因があるのかなと、英語学習の経験も踏まえて思います。要するに、意味ある多読が足りなかったと。

 

別に最初なら最後まで読む必要はないと思います。日経新聞だってそんなこと無理だと思います。時間限られてますから。気になった記事一記事だけ、精読でもいいと思ってます。その他は見出しだけでも。とにかく続けること。これを意識しています。

 

@s5o7