心機一転

早朝、娘がベッドで一人寝てる中、ブログ書いてます。

 

そして先日、息子が産まれました!

 

母子は入院で、そう、今日まで父と娘の生活をしてましたが今日妻と息子は戻ってきて4人暮らしに突入します。

 

2017年に仏検準2級に合格した時から、身辺の状況も変わりました。

その時のフォーマットをもとに記すならば、

 

【人物像】

性別:男性

年齢:27歳(社会人5年目)既婚子供なし。→29歳(7年目)子供2名!

職業:会社員(メーカー)

フランス語歴:大学4年秋から学習開始(その後は途切れ途切れ細々と)

                   →2019年2月に仏検2級合格で、そして細々と継続

英語:仕事でも時々使う、TOEIC935(2017年2月)→毎日何かしら使っている感じかも

留学歴:卒業前に1ヶ月だけフランスに語学留学

学習可能時間:1日30分~1時間30分 *時々出張が入ると週単位でできない時あり。

                   →これからどれだけ時間が取れるだろうか‥

その他:帰国子女ではない

---------------------------

 

特筆すべきは、子供たちの存在で、これから彼・彼女らと向かい合う生活が、息子の登場により、アップデートされて再度始まります。

 

純粋な愛情を注ぐべく彼ら。妻を含め、彼らの存在を生活の真ん中に置きながら、仕事のパフォーマンスを高め、なおかつ、やりたいこともやっていく。

 

仕事のことはともかく、フランス語だったり(仏検準一、delfB2)、投資、簿記習得、トレーニングだったりやりたいことはたくさんある。

 

これらはそれぞれ時間や愛情を注ぐだけ力が伸びるものだと信じていますが、

 

自分の余暇時間曲線は、今日から右肩下がりで下がり続け(いや暴落して?)、そしてどこかで底をうつでしょう。

 

この中でどう自分の時間を確保して、継続していくか。そして余暇曲線を少しでもあげていくか、そしてその時間を自分への投資に回すか、これはチャレンジです。

 

まずは、押し寄せてくる”波”(子供たちって自然そのもの?)、要求、変化を全部受けてみる。

 

その中で波の傾向をつかんで、のらりくらり、といなして、こなす。

 

「快適に泳ぐこと」ほど贅沢なことは言わないが、比較的に”波”の影響を受けづらい岩陰?を見つけて、そこで、将来への力を蓄える。

 

・・ボキャ貧でいい感じに、比喩でまとまりませんが、でも要するにこんな感じで自然体で受け止めつつ、強かに将来の自分への投資にいそしもうと思います。

 

仕事に関しても述べると、転勤族&核家族という状況の中で、家庭を回しながら、そちらのパフォーマンスを上げていく、と簡単じゃないチャレンジだと思います。

 

出張してなんぼの仕事でもありますのでそれをどう組み込むか。妻のステータスの都合、保育園も使えない可能性も高く、妻にとってもチャレンジ。使えるものは何でも使う、それを見つけてくる情報戦かもしれませんね。

 

仕事に話を戻す。

世の中、日経新聞私の履歴書とかみても、起業家の自伝とかみても、

「子供の出産立ち会えなかったけど、仕事では〇〇の業績を成し遂げた」

「仕事に邁進して、特に妻には負担をかけて、頭があがらないです」

「寝食忘れて働いて、きづけば太陽が昇ってました」

 

とかそういう言説たくさんありますね。ある種のハードワーキング美談。文句いわずに他責にせず働けばなんとかなるよ的な。とっても素敵だし、あこがれるし、あこがれた。でもなんか息苦しさもある。

 

その一方で、イクメン言説。育児休業とってみました、一人でこなしていた妻尊敬ー、日本世界に比べて、男性の育児参加遅れてるよね、的な。これもすごいと思います。

 

でも自分にとっての答えは、この両者の間か、別のところににある気がするんだな。

 

 

とつづったところで娘も起きてきたのでまた次回・・いったん今日からがんばります!

 

@s5o7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏検準1級を落ちて、こうすればよかったと思うこと。

昨年11月に準1級に、落第したときに、こうしておけばよかったなと思うことを綴ります。

 

2つあったかと思います。

 

ひとつは

 

“中途半端な一時対策しかしていなかった”

 

もうひとつは

 

“試験対策しかしていなかった"

 

の2点です。

 

最初"中途半端な一時対策しかしていない”

について述べるならば、

 

第一問の、名詞問題対策、第二門の熟語対策、最後の仏作文対策などできてないものが多かったと感じます。

 

学生ではなく時間も限られるので、やりやすいことはフランス語文献の読書、仏文法、単語くらいかと思います。やれるところからやりましたが、結果的に偏ってしまったかなと。

 

もっと掘り下げて上記はもっと対策をすればよかった。特に問1は2点問題なので‥ここで2,3問あたるかは結構重要かと‥よくアマゾンとかみるとこのあたりに合う参考書は出てるんですよね。リサーチ不足。

 

仏作文を対策するならば、お金使って講師使う必要がありますね。

 

第二の
“試験対策しかしていない“

について述べるならば、

本当に試験勉強しかしてなかった。

 

確かに仏文学を原書で読んだりはしてました。けれども、日常のフランス語圏の情報を仕入れていたかというと皆無でした。そのため、本番の新聞的な文章で、内容把握の問題に対して、対応が後手に回ったかなと思ってます。語学は日常使うものですから。。

 

だから2018年の11月以降は、le monde ,figaroの購読を初めて、日常的なフランス語の情報を仕入れるように努めました。これは試験勉強に関係なく、好奇心を刺激される文章も多く、語句や文化について、学ぶことができやかったと思います。今もこの勉強は続けていて、日経新聞などと併読しながら、情報収集のためにフランス語を使うように努めています。

 

結構、フランス語の新聞って日本のテーマで、書いてることも多くて、日本語で入手した知識と対照させながら、情報を深堀できて良いと思います。今の時期ですと、ゴーンさん逮捕や、改元なども記事で書かれています。ラジオも絡めると、更に知識は重層化されます。 

 

仏文学にはこのタイミングでは興味がそこまで上がらなかったけど、新聞は面白く、個人的に合ってました。

 

フランス語学習が目的化してるとすごくつまらなくなるときがありますけど、フランス語で興味がある情報を取得すると、フランス語習得の先の目的に足を伸ばせるので、フランス語学習の意味が積み増させる感じがします。結局、準一級の途中からの3、4問の文章問題の得点がブレるのも、この経験の有無にも一因があるのかなと、英語学習の経験も踏まえて思います。要するに、意味ある多読が足りなかったと。

 

別に最初なら最後まで読む必要はないと思います。日経新聞だってそんなこと無理だと思います。時間限られてますから。気になった記事一記事だけ、精読でもいいと思ってます。その他は見出しだけでも。とにかく続けること。これを意識しています。

 

@s5o7

 

 

2018秋 仏検2級最終合格までやったこと 〜②動詞の活用対策

 

2.動詞活用形の覚え方

 

これは仏検に限ったことではないですが、昨夏から学習方法を変更しました。

 

方法とはシンプルで、スキマ時間の活用です。では場所はどこか?

 

それはトイレです。トイレ。

 

なんでもいいのですが、文法参考書の付録でついている活用表(おそらく60語程度あると思います)をA4コピーして、トイレの壁に貼りました。

 

会社で仕事してる人でも、1日朝夜の2、3回は入ると思います。その時間を利用します。男性で立ちションの人も座ればいいと思います(笑)

 

他の人のトイレの中の事情は知りませんが(普通は知らないはず‥)、そこでYahooニュースとか見てる人はすごいかなり多いのではないでしょうか。かく言う私も、そうでした。

 

座って、3分ブラウジングして、用を足して出る、みたいな。でも、この時間はけっこうもったいいなと‥

 

この時間を活用表を見ることに代替すれば1日3分×3回≒10分活用表を見れます。3ヶ月続ければ10×90/60≒15時間くらいは捻出できます。

 

逆にいうと、活用をずっと見てるのは辛いのでこのタイミングに絞ってしか見てなかったです。特にブツブツ言いながら覚えるように心がけました。

 

これは①で述べたオンライン会話との相乗効果もあって、会話のときにこのときどういう活用で話せばよいのかなぁ〜といった疑問が会話中起きても、会話自体は進行してしまい、その後も調べることできず、うやむやになることもあると思いますが、その時生理的ルーティンである、トイレの時間で、思い出したように確認できれば、学習補完的効果があります。

 

今みんなスマホを条件反射的には触ってしまうことは現代人の癖だろうなと思っています。トイレでその条件反射は襲ってきますよね?(みんなどうなんだ?笑)

 

このある種の"中毒症状"で浪費する時間は無視できないと思っていて(出張、育児や家事もあるとなおさら・・;)、勝負時には習慣の切り替えは必要だと思っています。微妙な習慣を断ち切り、犠牲にする時間を蓄積することは自信にも繋がります。

 

この学習は私は今後も続けていくと思います。

 

@s5o7

 

2018秋 仏検2級最終合格までやったこと 〜①2次対策

 

今日から時々、タイトルのテーマについて、時々、綴ります。

 

1.二次試験対策

オンライン仏会話を活用しました。

コスト的に良い点と、子供の世話や家事の間隙を縫いながら、時間が自分で選べる点に気に入っています。ときには朝4時半、ある時は夜は11時半と、子供の寝てる間にやりました。調べればオンラインのコースはいろいろあると思います。私はアフリカの講師のやつです。

 

使い方のポイントは、自分がやってほしいことを明確にすることです。漫然と用意されたテキストをやるのもよいのですが、短い時間で音読したり、テキストに答えがほぼわかる中で応答練習することが、あんまり効果的だと思えませんでした。また講師が、時々英語で気を利かせてか、説明されることもストレスでした。例えば、仮にあるフレーズを私がわからなくて、講師が説明しようとする場合、別の表現のフランス語で説明してくれると、ああそれそれ!、の様に、わかることも多いですから、一旦はフランス語で説明を続けてもらったほうが自分のためになります。

 

なので仏検の参考書を持ってきて、QA集のところをpdf化しておいて、DropboxでURLとし、それを講師に事前に送って、この中からランダムに質問してくれ!と伝えて練習してました。そして希望する対応、例えば極力フランス語で説明してくれ、などはURLのそばに書き添えておいて、伝えてました。

 

講師は2、3名絞っていっておいて、相互理解を深めておいて、毎回リンクを送り、ひたすら繰り返しました。

 

この練習を本番一ヶ月前から、25分×10セット以上やりました。仏検の本番が5分なので5単純計算で本番50回分以上は練習できたことになります。少なからずの自信にはなったと思います。

 

終わってから思うと、動詞の時制の指摘や、発音の指摘とかもっとやってもらえばよかったなと思いますが、表現も増えた気がするし、アウトプットが学習の中に入ってきたことで、後述しますが、動詞活用に対する知識の吸収力とかは高まっていって、相乗効果があったかなと評価しています。

 

@s5o7

 

 

 

2018 秋 フランス語検定2級2次試験に合格 雑感

2/18に合格通知もらいました。

 

2級2次 22/30点 最終合格

 

2018の春試験で2点差で落ちていたので、2級へのリベンジと一階級上の準1級を目標として、仕事・出張、育児の合間を縫って、200時間弱の時間を費やしてきました。

 

準1級は力及ばすでした。例年よりも平均点がくっと落ちていて、2017年テストを模擬的に実施したときに自己採点では合格点超えたので、いけるかなと一瞬思いましたけど、難易度が上がったときに対応できるほどの力はつけることはできませんでした。これは単純に力不足。

 

しかし、併願分の2級2次は絶対に落とせないと思ったので最低限の結果が出て良かったです。合格点への2点を取り戻すために、200時間使ったのはコスパいいのか怪しいですけど、言語は楽しみ、だと思うので良しとします。

 

春試験で2次で落ちたときは、結構話せたとおもって、リラックスしてあっけらかんとしてましたけど結果はNG。一方今回は緊張もかなりあったし(名前聞かれて、Ca va!

とかいっちゃった笑)、終わった後、表現は「ここをこうしたらよかった」「Rの音弱いかな」「時制は未来系の方がいいな」とかかなり細かく覚えていたりして結構ナーバスに結果を待ちましたが、逆にこれはフランス語との関係が深まった分出てきている感覚なのかなと思ったりしています。二次の結果で八点失ってるわけですが、どこで失ったかは割とわかります。一方で昨年春試験は英語っぽくフランス語話して、できた気でいたのかなとか。

 

2017年に準2級、2018年に2級と一歩一歩きているので、この調子でフランス語との

お付き合いを進めて、準1級、あとはDELF B2またはDALF C1を目標に2019年も

トライを続けようと思います。

 

勉強してきたことについても整理してアップしたいなと思います。

こうしたらよかったとかはすごくあったりするので・・

 

@s5o7

 

中国国際航空 日本に帰る機内の中で

出張で一番楽しみにしているのは行きと帰りの機内。

特に帰るときは、タスクも大方終わっているので、気が楽ですね。

ビールもスチュワーデスさんに頼みたくなるくらい。

 

本もたくさんも持っていきますが、昨日こんな感じ。

 

服部雅也氏の書いた『ルワンダ中央銀行総裁記』読みながら、

1965年ごろ、ルワンダで唯一の日本人として経済再建に身を賭していたんだなと

感心しつつ、疲れたら、

 

カミュの『L'Etranger』を原書で読み、120P位まできた、あと少し!これはアルジェリアの話だよねたぶん。逮捕されて法廷描写の最中です。

 

余談だけど、最近思うのは、原書を文脈つかむ程度最低限に辞書を引きながら読みつつ、別途単語帳をペラペラ眺める時間を設けると結構自分的にすっと単語が入ってくる感じ。 

原書読書⇒単語帳みたいな。

 

これが逆に

 

単語帳⇒原書読書

 

みたいな感じで、”真空状態”で単語帳見ていると、その得た知識が空中にふらふら

浮いて、いつか消えてしまう気がする。だから先に読書や新聞で、外国語を浴びて”アーカイブ”を作っておいたほうがいいなって最近感じます。

 

さてさて、それも疲れたら、佐藤優の『15の夏』(15の夜でなく)を読み、、

今読んでいるところでは著者はモスクワを旅していますね。15歳で東欧・ソ連を旅するってすげーわ本当に。

 

そしてまた疲れたら今度は黒田龍之助の『その他の外国語 エトセトラ』を読みました。最後の方にチェコでのパラツキー大学講演記のところをみていますが、本当にこの人はユーモラスで面白い。

 

あとはこれの繰り返しであっち読み、こっち読み。

 

ルワンダチェコソ連アルジェリア、そして中国語の飛行機と

多国籍なつながりのあるフライト。

 

こんな感じでとても有意義な3時間のフライトも過ごせました~。

2018 フランス語検定(仏検)2級1次試験 合格までに行ったこと 

2018年7月5日、フランス語検定の2級の一次試験に合格した。

一方で2018年8月7日、2級の二次試験には不合格だった。

 

テスト得点は、

一次試験:59点(合格基準点58点)

二次試験:18点(合格基準点20点)

だった。

 

2017年からフランス語の勉強を本格的に(継続的に?)再開しました。

やればやるほど面白く、なんとか続けてきました。昨年準2級は合格。

 

そして今年2級にチャレンジしました。2級は最終的には不合格。

しかし2級がゴールでもないので気を取り直して、秋試験での2級2次(次は一次免除)への再チャレンジと準1級へのチャレンジに向けてスタートを切ろうと思います。

 

その前に、

昨年同様、自分のフランス語へのアプローチを整理するために、1次合格までにやったこと、2次不合格という結果にたいして敗因分析をしておこうと思いますので以下記します。

 

※Web上で、”仏検合格の勉強法”や”英語試験の勉強”を書いている人って結構多く、

筆を取りやすいテーマなんだと思います(ニーズどれくらいあるんだろ?)

 

そしてふと思うのは、「俺これweb上に書いて意味あるのかなあ」ってこと(苦笑)。 

 

しかし自己満足は大前提として(認めます)、それぞれ執筆者の立場も違うわけなので、定期的に綴る中の一コマとして、私なりのテストへのアプローチ、語学への向き合い方、外国語をひとつのツールとして、仕事や何らかの経済活動に結びつけていく過程を綴れれば、と思います。

 

まああとは思考の整理ですね。

 

 

さて、昨年の同じ時期に準二級について記述したときと同じフォーマットを踏襲して

現時点のステータスを更新すると、

 

【人物像】

性別:男性

年齢:28歳(社会人6年目)既婚で子供1→昨秋に産まれました!

職業:会社員(メーカー)→この一年で関西の方へ転勤も経験しました。

フランス語歴:大学4年秋から学習開始

英語:仕事でも時々使う、TOEIC935(2017年2月)

留学歴:卒業前に1ヶ月だけフランス・ルーアンに語学留学

学習可能時間:1日15分~1時間 *時々出張が入ると週単位でできない時あり。

→子供の世話などで時間はさらに厳しくなっています

その他:帰国子女ではない

 

昨年と比べて決定的に違うのは子供が産まれたことですね、やっぱり!

その結果、時間的制約がきゅーと厳しくなったので、とにかく、早朝や夜寝る前など

勉強時間の確保に腐心しました。あと奥さんの理解を得ることも。。これが最重要

 

【0.勉強開始時期】

2018年3月くらい

→定期的に文法書などはやってましたが、それまで簿記3級の勉強に時間を注いでたので、終わったタイミングから時間の配分をフランス語に多めにシフト。

 

【1.傾向把握と特得点推移】

一番最初に行ったのは、仏検の参考書を購入することだった。

解くよりも出題傾向や特典配分などを理解したかったので、パラパラ読みました。

 

実用フランス語技能検定試験 2018年度版2級仏検公式ガイドブック 傾向と対策+実施問題

実用フランス語技能検定試験 2018年度版2級仏検公式ガイドブック 傾向と対策+実施問題

 

 

昨年、準2級についてブログで書いたときに、以下のように記しました。

 

TOEICの時もそうだけれども、お膝元・主催者側の参考書が偏りがなく、

本番の傾向にもあっていると思っている(TOEICの場合は逆に難しいもので勉強しておいて本番楽だった記憶もあるが)。ていうか今回は他社は見ていない』

フランス語検定(仏検)準2級合格までに行ったこと 1次試験まで - SPlife’s blog

 

基本的にこの意見は変わらずですが、先日東京駅近くの八重洲ブックセンターいったら

仏検の参考書ってたくさんあるんですね。。

井の中の蛙”ではないけど、私それ以外にあるの知らなかった(笑)

 

余談だけど、いろんな本屋さんにいって外国語学習書のコーナーを覗くのが好きです。

その本屋の”充実度=懐の広さ?”って英語以外の言語の参考書の棚を、どれくらいの規模で、どんなものを置いているかに現れるのでは、って勝手に思っています(笑)。見たことない参考書置いていると嬉しくなります。でもまあ、地方にいるとあんまりフランス語検定協会以外の仏検参考書って少ないんですよね。。

 

いずれせよ、この手の問題集は最終仕上げで、一冊やればいいのかなって思います。この種のテクストは、知識の”アウトプット”が目的であり、知識欠損を補う”インプット”用ではないです。

 

またこの手の本は、こればっかりやってても、外国語学習つまらなくなってしまうし、窮屈ですよね。これやっても落ちるってことは学力が足りないって思うべき。

 

傾向を軽く分析したら、問題は解くのは5月くらいまではせず、以下記述する参考書で知識の欠損を埋めていくことに心がけました。

 

6月のテスト本番までの自己採点の推移や「一次試験の中でどこから点をとるか」

については、既に綴っている通りです。

 

 

splife.hatenadiary.jp

splife.hatenadiary.jp


 →今回の結果から考えると概ね、自己採点と同じくらいの特典が一次試験で表現がぎりぎりできたのかなと思います。危なかったですね(笑:)

 

【2.文法対策】

これ使いました。

解説がくわしいフランス文法問題集

解説がくわしいフランス文法問題集

 

 

ずっと使ってましたが、今回までにやっと1回終了し、2回目は各章の力試しの部分のみ復習していきました。

 

一回目ではフランス語では特徴的な半過去や接続法など、いまいち理解しきれてなかったものも整理され始めてきたり、付随して動詞の活用もチェックしていったので良いエクサイズになりました。

 

得点に直結するというか、ベースの基礎知識の構築のイメージで解いてました。

文法の参考書も他に参考でパラパラしているものもありますが、この本をメインに今後も何回も解くつもりです。

 

【3.単語】

メインはこれ使ってました。

ゼロからスタートフランス語単語BASIC1400

ゼロからスタートフランス語単語BASIC1400

 

準2級から継続。

 

文法問題のためもそうだけど、特に落ちちゃった二次のためにしっかり基本的な表現を目指そうとした場合、このレベルでもまだまだ全然見についてないと実感しました。

これも今後も継続していきます。

 

あとこれも見始めました。

よく出る分野をまとめて覚える 仏検イラスト単語集 準1~準2級レベル

よく出る分野をまとめて覚える 仏検イラスト単語集 準1~準2級レベル

 

これも一通り目を通しました。1周目は気づかなかったのですが、2次対策を開始したときに思いましたが、2級2次やさらに上位の試験には活かせる内容かと思いました。理由としては、テーマごとに単語がまとまっていて、作文やテーマトークには向いていると思うからです。2級の2次の対策として、参考書では過去の

 

一個目の単語集とともに、今後も使っていくでしょう。

 

【4.リスニング】

以下二つをメインにやっていました。

 

 

www2.nhk.or.jp

 

これ知り合いの農家さんに教えてもらったアプリですが、非常にオススメです。

前週の放送が一週間のみプールされているので通勤時に流して聞いていました。

フランス語のみならず、様々な言語対応していてお手軽で簡単です。

個人的にはテキストはなくてもいいなって思います。

 

あとこれを少々。

savoirs.rfi.fr

 準2級ではこれでディクテもやりましたが今回は厳しかった。。

本当はディクテに非常に使える教材と思っているので、秋に向けては使っていこうと思います。

 

この他には、アマゾンプライムでフランス映画みたり、仏語での読書をしたりといった

形です。

 

【後悔する点】

ただ一方で、2級1次は受かったものの、2次で落ちてしまったと理由として思うは

やっぱりフランス語で読書をしたりするのが足りなかったと思います。

 

1次も上述の通り、ぎりぎり合格でした。原因としては、1次の最初1,2,3くらいの文法問題が点が伸びなかったのが挙げらます。これらの問題は私的には、辞書や文法書だけでは対策しきれないと思っています。

 

それよりもむしろ、文章にたいさん触れる中で、動詞や前置詞のつながりなどの”語感”を養っていく必要があるのではと思います。となると、活字に向かう時間が少なすぎたと思います。2次も結局、語彙・発音や文法などの基礎知識はベースにあるとは思うものの、表現の幅、言葉の滑らかさみたいなものが足りず、結局”ガス欠”したのかなって思います。

 

この点は以下にも書きました。黒田龍之助さんのエッセイはいつもハッとさせられます。

splife.hatenadiary.jp

 

 英語の方が相対的にこの感覚は養えてますが、「こういう場合、こうだよね」みたいな状態にしていく努力が不足している。これは努力というか、そもそもフランス語で楽しむ、というベース部分が足りなかったなと思うので、秋にむけて日常に組み込んで向上していきたいと思います。

 

一旦ここまで書いてあとは追記修正していきます。

 

@s5o7